会社でキーホルダーをなくした

“会社で車と家の鍵をつけていたキーホルダーを失くしました。

会社には車で行っており、朝、会社に着いた時には当然あったはずの鍵が、昼頃に見当たらなくなっていました。
そのため、会社内で落とす可能性がある箇所を探したり、色々な人に聞いて回ったりしましたが見つからず、知らずにごみと一緒に捨てられてしまった可能性も考え、ごみ箱の中やごみ捨て場に捨てられていたごみ袋も開封して探したのですが、全く見当たりませんた。

長い時間探したのですが、見当たらなかったため、探すのをあきらめて鍵を失くした対応に切り替えました。
まずは車。
鍵がないので車に入ることをできませんので、当日は電車で帰り、後日スペアキーを持ってきて車を家に持って帰りました。
しかし、失くしたのが会社で、もしイタズラ等で鍵を持っていかれていた場合、鍵をそのままにしておくと危険だと思い、車の鍵を交換することにしました。
これが、かなりの痛手で交換に10万近くかかってしまいました。

家の鍵については、会社と家が距離が遠く、自宅の位置を知っている人がほとんどいなかったため、こちらは交換はしませんでした。
ただ、自宅の鍵を失くしたというのはやはり若干の不安は付きまとうことになりました。

結局、その後も鍵は見つからず、単純に探していない箇所に落としたのか、誰かが持って行ってしまったのかはわからず仕舞いでした。
鍵を会社でなくすということは、金銭的にも精神的にもダメージが大きいです。
やはり貴重品はきちんと鍵のついたロッカー等に入れておく必要があります。”