鍵屋に助けられた夜

私は先月、鍵のトラブルに遭いました。その日は仕事で疲れて帰宅したのですが、玄関の鍵を開けようとしたら、なかなか回らないのです。何度も試してみましたが、どうしても開きませんでした。鍵穴に何か詰まっているのかと思いましたが、見た目には異常はありませんでした。
私は慌てて鍵屋に電話しましたが、夜遅かったので出ないのです。仕方なく近所のコンビニで待機することにしました。しばらくしてから再び鍵屋に電話したら、やっと出てくれました。私は状況を説明し、早く来てほしいと頼みました。
鍵屋は30分ほどで到着しました。彼は玄関の鍵を見て、「これはシリンダーが壊れていますね」と言いました。「シリンダーとは何ですか?」と聞くと、「鍵穴の中にある筒状の部品です。鍵を差し込んで回すと、内部のピンやディスクが動いて施錠・解錠する仕組みです」と説明してくれました。
「シリンダーが壊れる原因は何ですか?」と聞くと、「経年劣化や摩耗、埃やゴミの詰まりなどがあります。このシリンダーはハイセキュリティーシリンダーという高性能なものなので、複雑な機構を持っていますが、それゆえに故障しやすいんです」と言いました。
「ではどうすればいいですか?」と聞くと、「シリンダーを交換するしかありません」と言いました。「それにはどれくらい時間とお金がかかりますか?」と聞くと、「時間は30分ほど、お金は2万円ほどです」と言いました。
私は高額だと思いましたが、仕方なく了承しました。鍵屋は工具を持ってきて作業を始めました。私はコンビニで買ったお茶を飲みながら待ちました。30分後、鍵屋は「できました」と言って、新しいシリンダーを見せてくれました。私は鍵を試してみると、スムーズに開きました。
「ありがとうございます」と言って、2万円を払いました。鍵屋は「これからは定期的にメンテナンスをしてくださいね」と言って帰って行きました。私はやっと家に入ることができましたが、疲れも倍増しました。